モーツァルト

 

 

あらゆる音楽家の中で一番高い所に座るこの音楽家の逸話は多い。

 

特に「モーツァルトの手紙」の中では、シモネタや、父に対する嘘など、また俗っぽい発言「僕の望みは、

名誉と名声をてに入れることです」とか「僕は弟子を教えるのが好きではない」など、目を引くものが多い。

 

先輩のバッハは神を描き、後輩のベートーヴェンは燃え上がる精神を曲にし、そしてモーツァルトは自身の心をそのまま音楽にした、陽気であったり暗かったり、急に話をやめてジョークを言ったりと、彼は音楽の中で様々な感情を表現している。

 

モーツァルトは35歳でなくなるが、5歳で作曲をはじめているので、作曲家としてのキャアリアは30年になり、その間に626曲を残した。


・嘘をつくモーツァルト

モーツァルトのアーティキレーション 

モーツァルトの死の直前の手紙 

モーツァルトの怒り 

モーツァルトのアーティキレーション2 

モーツァルトが創った天国

・モーツァルトが創った地獄